巨人の沢村投手は、2017年2月の沖縄キャンプ中、右肩に異変を感じ、同27日に球団トレーナーのはり治療を受けた。
長期間症状が改善しないので調査した結果、複数の医師から「長胸神経麻痺」と診断され、「外的要因によるもので、はり治療によって長胸神経麻痺となり、前鋸筋機能障害を引き起こした可能性が考えられる」とのこと。

⇒巨人が澤村拓一に謝罪 トレーナーの施術ミスで神経麻痺の可能性が高まる

長胸神経麻痺(リュックサック麻痺)

リュックサックを背負ったときに肩紐が脇に食い込んで、長胸神経が圧迫されて麻痺が生じることがある。他には長胸神経が伸長される動作(テニスのサーブ、投球、ゴルフのスイング、体操の吊り輪、重量挙げ等)でも生じることがある。
長胸神経が麻痺すると、前鋸筋が動かないので、肩甲骨の抑えが効かなくなり「翼状肩甲骨」という状態になる。
⇒日本整形外科学会のページ

はり治療で長胸神経麻痺?

昔巨人軍の槙原寛己投手が、トレーナーの鍼治療で気胸になったことがありましたが、気胸なら「飲食店で食中毒」みたいなもので、あってはいけないことだけど「やらかしたな」と思います。
これがはり治療で神経麻痺となると、「ホントに?どんな施術したの?」と疑問な点が出てきます。

もし鍼で神経麻痺になるなら、注射(とくに神経ブロック)はどうなることやら。
と気になって検索したら、いろいろ見つかりました。気になる方は「注射 神経麻痺」で検索してみてください。
鍼をよく知らない医師もいるので、鍼を注射の事故と同様に考えているのかもしれません。
医師が何と言ったのか正確なことが分かりませんが、「ピッチングで傷めたかもしれないし、ストレッチで傷めたかもしれないし、トレーナーのはり治療やマッサージで傷めた可能性も考えられる」と言ったのを「はり治療」だけクローズアップして取り上げたのかもしれません。

仮の話で、「気胸にしてくれ」と頼まれたら技術的には簡単に出来ますが、「神経を麻痺させてくれ」と頼まれても麻痺させる自信はありません。

どんな施術したの?

トレーナーがどのような施術をしたのか詳しいことは分かっていません。
長胸神経麻痺は伸長動作や圧迫で生じるので、鍼よりもマッサージやストレッチ、とくにストレッチで伸長されて傷めた可能性は考えられます。

1)澤村投手は前鋸筋を傷めて右肩に異変があって、トレーナーの施術を受けた。
2)トレーナーは、鍼治療に加えマッサージやストレッチも行った。
3)傷めていた前鋸筋がストレッチで伸長されて、長胸神経を損傷。
という可能性は十分考えられます。

澤村投手は長胸神経麻痺の要因がある

澤村投手は「ピッチング」・「筋トレ好き」と長胸神経を傷めやすい要因は揃っているので、トレーナーの施術の有無に関わらず、長胸神経麻痺になった可能性はあります。
右肩に異変⇒はり治療 という時系列から考えても、すでに長胸神経を損傷していたかもしれません。

トレーナーの施術ミスで長胸神経麻痺になったとしたら

2月27日の施術で長胸神経麻痺になったとしたら、投球練習の時点で調子が悪いのが分かったはず。
そんな状態で、3月4日のオープン戦に登板出来るだろうか?
前鋸筋が働かず肩甲骨の抑えが効かない状態で投げたのか?
当初はイップスといわれていたが、もっと早期に長胸神経麻痺に気付かなかったのか?

疑問は尽きませんが、いずれもっと詳しい事情が分かることを期待します。