まだ結婚する前のこと、当時介護の仕事をしていた私のカミさんは、頚椎と腰椎の椎間板ヘルニアで苦しんでいました。
首か腰のどちらか一方だけでも辛いのに、首と腰両方ともヘルニアとはさぞ辛かったでしょう。
頚椎ヘルニアの症状は両腕に痺れ、とくに左側がひどく左の小指と薬指まで痺れがあり、痛みでときどき嘔吐していました。
腰椎ヘルニアは両脚の痺れ、とくに左側は感覚が鈍くなり、平なところでも足が上がらずに転ぶ始末。
頚椎ヘルニアも腰椎ヘルニアも左右両側に痛みや痺れが出ていると非常に治りが悪い。

病院では、「まだ若い(若かった)から手術しないで様子をみよう」といわれました。
本人も「手術は絶対嫌だ」と頑なに拒否。
周りで椎間板ヘルニアの手術をしても思わしくない人を見て、その人達から「手術しないほうがいいよ」と言われたのも、手術を拒否する気持ちに拍車をかけたようです。

病院での治療はブロック注射。
最初の数回は効いたものの、だんだん効かなくなりました。
患者さんも、ブロック注射は最初の内は効くが、だんだん効かなくなるといいます。
痛み止めも効かなかったが、お守り代わりに服用。
鍼灸治療や整体も試したものの、良くなりません。
そんなときふとしたきっかけで、私の鍼治療を試すことになったのです。

当時私はまだ師の元で勉強している身でしたが、できる限りの鍼治療を施しました。
手術は絶対嫌だったのと、今までの治療と比べると治りそうな予感がしたそうで、鍼治療を継続しました。
回数を重ねるごとに少しずつ痛みは軽くなり、3ヶ月ほど経過した頃には、頚椎ヘルニアと腰椎ヘルニアの症状は楽になっていました。
今では、滅多に首や腰の痛みを訴えないし、痛み止めを服用することもほとんどありません。
これが私の初の椎間板ヘルニアの治療となったのでした。