お太りになっている人が、腰痛や股関節痛や膝痛で病院や治療院に行くと
「体重を落としたほうがいいですね」と言われます。
太っている(体重が重い)と関節に掛かる負担が大きいので、関節の負担を減らすには体重も減らす必要があります。

体重以外にも良くない影響があるようです。
それは、「アディポカイン」
アディポカインは脂肪で作られて、慢性的な痛みの原因になります。

菌にも善玉菌と悪玉菌、コレステロールにも善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあるように、アディポカインにも善玉と悪玉があります。
善玉アディポカインは、動脈硬化や糖尿病を予防するのに対し、悪玉アディポカインは、動脈硬化や糖尿病のリスクを高める。
善玉も悪玉も脂肪で作られるのだけど、内臓脂肪が増えると、善玉アディポカインが減って、悪玉アディポカインが増えます。
悪玉アディポカインは動脈硬化や糖尿病のリスクを高めるだけでなく、炎症(痛み)を起こす原因にもなります。
内臓脂肪で作られたアディポカインが、血液にのって股関節や膝など痛みのある部位に届くと、炎症を引き起こします。

太っていなくても慢性的な痛みで苦しんでいる人は多いので、体重(脂肪)が減れば痛みがなくなるとは言い切れませんが、太っている方が痛みに不利なのは確かです。
一番の問題は、今のように美味しいものが食べられる時代に、健康のために食べるのを我慢するということでしょう。