澤村投手がはり治療で長胸神経麻痺なったとされる件について、鍼灸師の業団が読売巨人軍に公開質問状を送付しました。

⇒澤村投手のはり治療による長胸神経麻痺に関する照会

もしはり治療で長胸神経麻痺になったなら、どのような施術をしたのか詳細が分からないと再発防止出来ません。
患者さんも不安でしょうが、施術をする鍼灸師も不安なので、一刻も早い回答を期待します。
以下質問状の抜粋です。

【診察・診断した医師への質問】

Q1. 正確な診断名とその理由(所見)。

Q2. はり治療が長胸神経麻痺の原因であるならば、はり治療を原因とした理由(因果関係)と他の原因を除外した理由。
また、はり治療前から長胸神経麻痺を疑う所見がなかったか?

Q3. 患者の転帰について。

Q4. もしもはり治療が長胸神経麻痺の原因であるならば、どのような安全対策を施せば、今回の事故を避けることができるか?

【トレーナーへの質問】

Q1. 本件に関するはり治療の詳細(主訴と治療の目的、使用鍼のサイズ、刺鍼部位・方向・深度・強度、等)について。


Q2. 刺鍼時あるいは刺鍼後に神経を傷害したことを示唆する現象(強い鍼響、痛み、シビレ、筋の単収縮、等)はあったか?


Q3. 上記の質問を踏まえて、はり治療が今回の事故の原因と考えているか?
もしもそうであるならば、どのような施術行為が原因であったか、どうすればこれを防ぐことができたと考えるか?