巨人軍の澤村投手が、はり治療で長胸神経麻痺になった可能性が考えられるという報道について。
9月21日付で、鍼灸の業界団体から公開質問状が巨人軍に送付されました。
⇒はり治療による長胸神経麻痺に関する報道についての照会

11月7日、巨人軍から回答がありました。
⇒読売巨人軍の回答

当該トレーナーへの質問に対しては回答なし。
当該トレーナーが辞めてしまい行方が分からないならともかく、まだ巨人軍に勤務しているとのことなので、回答を求めるのは難しくないはず。
あくまで「鍼治療が原因となった可能性が考えられる」というなら、質問状にある「使用鍼のサイズ・刺鍼部位・方向・深度・強度」などが分からなければ再発防止できません。
これで一件落着するのでしょうか。

以下、巨人軍の回答を抜粋。

いずれの医師も、澤村選手の症状等から長胸神経の不全麻痺であり、それに伴う前鋸筋の機能低下であるとの診断に変わりはない。
また、発症時期や澤村選手の問診等から、長胸神経の麻痺は、巨人軍のトレーナーが行った鍼治療が原因となった可能性が考えられる。
ただし、鍼治療以外にも、強い力がかかる他の外的要因によって長胸神経の麻痺が生じた可能性もあるとの意見も出た。

医師はいずれも、経歴や専門分野における実績等に秀でており、澤村選手に関する診断は信頼に値するものと巨人軍では考えている。
澤村選手の長胸神経麻痺はすでに回復している。
澤村選手を施術したトレーナーは、現在も巨人軍のトレーナーとして勤務している。
巨人軍は鍼治療が有効であることを十分認識しており、現在も多くの選手やスタッフに対して鍼治療が行われていて、今後も鍼治療を活用していく。