深層筋トリガーポイント鍼灸 筋膜リリース

スタッフ紹介

  • HOME »
  • スタッフ紹介

院長:こいち 鍼灸師・あん摩指圧マッサージ師(国家資格)

東京 新宿の鍼(針 はり)こいち治療院院長

私が整体でなく鍼治療を選んだ理由

私自身が、重度の腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、首こり、慢性頭痛、偏頭痛、良性発作性頭位めまい症を患い、整体やカイロプラクティクなどいろいろな施術を受けました。
辛い症状で困っている人にとって、本当に良い施術に出会うのは、宝くじに当たるくらい貴重なことです。

私は元々(鍼灸師のくせに)鍼が苦手で、鍼灸治療は選択肢にありませんでした。
腰痛を除く上記の症状には、一部の手技療法はそれなりの効果を感じることはありましたが、何故か腰痛にはまったく効果がありません。
いろいろな手技療法を受けましたが、腰痛は一向に良くならず、手技療法の限界を感じて鍼灸を試すことにしました。
しかし意を決して試した鍼灸も、私の腰痛には歯が立ちません。
そんなとき「痛いけどよく効くはり治療があるよ」と紹介されました。
はり治療にもある程度免疫が出来ていたので、「痛くても効くなら試してみよう」と(後に師と仰ぐ)その鍼灸院を訪ねました。

その鍼治療は、今まで受けてきた整体や鍼灸とは全く違いました。
長い鍼を使って身体の深くまで鍼をするので、ズーンという強い刺激(ひびき)がありますが、終わった後、感動するくらい腰が楽になっていたのです。


腰痛を発症してから20年近く経ちます。
ときどきぎっくり腰になったり、坐骨神経痛が出たりすることはありますが、調子が良いときは腰痛のことを忘れています。
深層筋トリガーポイント鍼を知らなければ、今頃手術して、それでも「腰が痛い」とケネディ大統領のようになっていたかもしれません。

私が経験した鍼のもう一つの大きな効果は、頭痛(偏頭痛)が劇的に減ったことです。
以前は週に2~3回は頭痛(偏頭痛)がして痛み止めを飲んでいましたが、今は年に数回程度で痛み止めはほとんど飲みません(だからたまに飲むと良く効きます)。

私が鍼を生業にするのは鍼が効くからで、整体で良くなっていれば、鍼ではなく整体を生業にしていたでしょう。
今後、鍼よりも効果がある整体(手技療法)があれば喜んで宗旨替えします。

師から受け継いだ技をベースに、IMS(筋肉内刺激法)やトリガーポイントを取り入れて、深層筋トリガーポイント鍼灸と呼んでいます。
深層筋トリガーポイント鍼灸が、私と同じように頑固な痛みで困っている人達の助けになればと思います。

ヒサエ 介護福祉士・アロマセラピスト

東京 新宿の鍼(針 はり)こいち治療院スタッフ

介護の仕事で、頚椎ヘルニアと腰椎ヘルニアを患い、寝返りもうてないほどの腰の痛みや、嘔吐するほどの頭痛で苦しんでいました。
毎日のように痛み止めを飲んでいました。
私は院長と違い鍼灸には抵抗がなく、むしろ整体のほうが何をされるか分からず怖かったので、以前より鍼灸のお世話になっていましたが、ヘルニアに関しては効果がありませんでした。
このままひどい状態が続くようなら手術というときに、院長の治療を受けました。
治療は痛かったですが、今まで受けてきた治療と違い効きそうな感じがしたので、信じてみようと思いました。
定期的に治療を受けるうち、1ヶ月くらいから症状が楽になり、3ヶ月経つ頃には頚椎も腰椎も痛みを忘れるくらいになりました。
それから今まで、頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニアの痛みが再発することなく過ごせています。
生理前になると月経前緊張症になり、生理痛もひどかったのですが、治療により月経前緊張症や生理痛も無くなりました。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術をしたのに痛みを訴えている方をみると、手術する前に当院の治療を試してほしかったと思いますし、(自分は)手術をしないで治って本当に良かったと思います。

新宿から2駅 京王新線幡ヶ谷駅 徒歩5分 TEL 080-4425-3225 月木金11:00-19:00 土11:00-16:00 日祝11:00-14:00 [火水休]

PAGETOP
Copyright © こいち治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: