深層筋トリガーポイント鍼灸治療 筋膜リリース

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアには深層筋トリガーポイント鍼灸治療

☑椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症と言われたが、どうしたらいいかわからない
☑湿布や薬、マッサージをこのまま続けていれば治るのだろうか
☑この辛い痛みは手術をしなければ治らないのだろうか

椎間板ヘルニアの原因を取り除けば治る可能性は十分ある

椎間板ヘルニアは、首や腰の骨と骨の間にあってクッションの役目をしている椎間板が、圧迫されて押し潰されてはみ出てヘルニアになります。
(※ヘルニアとは、本来あるべき部位からはみ出した状態のこと)

椎間板ヘルニアの原因は筋筋膜性疼痛症候群

椎間板を圧迫してヘルニアを生じる原因、その大半は硬くなって縮んだ筋肉で「筋筋膜性疼痛症候群」と呼ばれるものです。
首や腰の筋肉が硬くなって縮むので、骨と骨の間(椎間板)が狭くなります。
筋肉が硬くなると血流が悪くなり、治癒力が働きません。

椎間板ヘルニアを治すには硬くなった筋肉を緩める

椎間板ヘルニア周囲の筋肉を緩めれば、椎間板は解放されて、血流が良くなり治癒力が働くようになります。

椎間板ヘルニアの深層筋トリガーポイント鍼灸治療


椎間板はクッションボールみたいなもので、弾力が残っている状態なら比較的早く回復します。
椎間板が潰れた状態になると回復は難しくなります。
効かない治療を続けて時間が経ち、ヘルニアが悪化することがあるので、適切な治療を選択することが大事です。

主な治療部位(トリガーポイント)は、頚椎椎間板ヘルニアなら首から肩、腰椎椎間板ヘルニアなら腰からお尻になります。


ヘルニアの場合はとくに、深層筋まで緩めないと椎間板の圧迫や神経の締め付けが取り除けません。
病院の(手術以外の)治療や椎間板ヘルニア専門の整体などで良くならなかった方でも、当院の深層筋トリガーポイント鍼灸が効くことは珍しくありません。
刺激は強い(痛い)ですが、手術後の痛みと比べれば全然楽だと思います。

当院の深層筋トリガーポイント鍼灸で回復しなければ、(手術を除く)他の療法でも回復は難しいと思います。

当院の椎間板ヘルニアの治療成績

腰椎ヘルニアと頚椎ヘルニアでは、圧倒的に腰椎ヘルニアが多いです。
当院の治療で、椎間板ヘルニアが100%良くなるかといえば、正直「試してみなければわからない」です。
5回継続治療して痛みが半分以下になる人は約7割で、経過は良好です。
残り3割のあまり効果がみられなかった方でも、治療を継続するれば良くなる可能性はありますが、治療を続けても治らない方もいるので、治療を継続するかどうかは患者さんの判断にお任せしています。
無理に通わせることはありません。

「試してみなければわからないような治療は受けたくない」
「治る可能性があるなら試してみたい」
どう思うかは患者さん次第。
ただし手術だって予後がどうなるかは、「試してみなければわからない」です。

治りが悪い人の特徴

・歩けないくらいの激しい痛み
・腰に負担の掛かる仕事に就いている
・ヘビースモーカーや多量の飲酒

椎間板ヘルニアは、非喫煙者よりも喫煙者が多く、喫煙者は腰痛になりやすいそうです。
ニコチンのせいで毛細血管が収縮し、栄養が届かなくなるので椎間板がダメになりやすいとのこと。
⇒喫煙は椎間板を悪くする
 

当院の鍼治療で椎間板ヘルニアが改善した例

私(こいち院長)腰椎ヘルニア
ぎっくり腰になり、いつものように鍼をしても痛みが楽にならない。
試しに他の鍼治療を受けてみるが痛みは変わらず。
1週間ほど経ってぎっくり腰の痛みが楽になると、今度は左のお尻から太ももの裏・ふくらはぎに痺れ(坐骨神経痛)が出るようになった。
耐えられないほどの激痛ではないが痛い。
念のため病院に行くと「椎間板ヘルニア」といわれる。
1日おきに自分で腰に鍼をするが一向に痺れが治まらない。
自分が椎間板ヘルニアで手術になったら洒落にならないと思いながら2週間ほど経ち朝起きたら痺れが消えていた。
 
当院スタッフ ヒサエ 頚椎と腰椎のヘルニア
介護士をしていて、頚椎と腰椎の椎間板ヘルニアになる。
両腕に痺れ、とくに左側の小指と薬指まで痺れ。
両脚に痺れ、とくに左側は感覚が鈍くなり、足が上がらず平なところでもつまずく。
ブロック注射がまったく効かない。
他で鍼治療も受けたが効果が感じられない。
1ヶ月くらい痺れは変わらなかったが徐々に痺れの程度が減り、3ヶ月経つ頃には手も脚も痺れがなくなった。
 
30代男性 腰椎ヘルニア
右側のお尻~ふともも~ふくらはぎの痛み。
整体にいったがよくならない。
治療5回経過:10の痛みが→2か3くらいになる。ふくらはぎがときどき気になる程度。
 
40代男性 腰椎ヘルニア
左ふくらはぎから足に痛み。
他の鍼灸にいったがよくならない。
治療5回経過:痛みは半分以下。
治療10回経過:足に少し痺れが残る程度。
 
40代女性 頚椎ヘルニア
右上腕~親指に痺れ。
整体にいったがよくならない。
治療5回経過:親指がときどき気になる程度。
 
30代女性 腰椎ヘルニア
左側のお尻~ふとももの裏に痛み。
ブロック注射が効かない。
治療5回経過:あまり変化は感じない。
治療10回経過:痛みが半分近くに減る。
 
20代男性 腰椎ヘルニア
左側のお尻~太もも~膝裏に痛み。
トリガーポイント注射をしたら少し楽になったが、それ以上痛みが改善せず手術を勧められる。
治療5回経過:前かがみが少し楽になる。
治療10回経過:痛みが半分以下になる。
後日再検査でヘルニアがほとんど消えているとのこと。
 
30代女性 腰椎ヘルニア
左お尻から太もも~ふくらはぎ~足裏に痛みがある。
鍼灸やトリガーポイントなどいろいろな治療を試したが良くならない。
治療5回経過:10の痛みが半分くらいに。
治療10回経過:足裏の痺れが少し残っている程度。
再検査でヘルニアが小さくなっているとのこと。
 
40代男性 腰椎ヘルニア
2年前に椎間板ヘルニアの手術をしてしばらく良かったが、再び腰が痛くなり出した。
治療5回経過:治療直後は効いている感じがあるが効果が持続しない。
治療10回経過:痛みが半分くらいになった。
 

椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアの患者数は、日本ではおよそ100万人と推定。
椎間板ヘルニアは10代~40代の比較的若い世代に多い。
遺伝と喫煙が関係するが、スポーツとの因果関係はない。
椎間板ヘルニアの発症は腰(腰椎椎間板ヘルニア)が多く、首(頚椎椎間板ヘルニア)にも生じます。
腰椎は下になるほど圧が掛かるので、4番目ー5番目ー仙骨の間の椎間板に発症することが多く、この位置に坐骨神経があるために坐骨神経痛になります。

椎間板の厚さ

頚椎で3~4mm、胸椎で5~6mm、腰椎は9~10mmくらい。
椎間板が薄くなれば身長は縮みます。

神経が炎症をおこすと痛む

神経は圧迫しても痛みはでないが、炎症をおこすと痛みがでる。
筋肉のコリやヘルニアがあっても神経が炎症していなければ痛みはない。
筋肉のコリやヘルニアのせいで神経が炎症をおこせば痛みがでる。

椎間板ヘルニアの手術について

最近では相当重症のヘルニアでなければ、すぐ手術とはなりません。
※重症のヘルニアとは、日常生活に支障が出る(歩行困難等)、激しい痛み、麻痺がある(便意がコントロールできない、手や足の感覚がないなど)ような場合。

手術のおかげで(たとえ一時でも)痛みから救われた人はたくさんいます。
ただし手術とは、治すというよりも痛みの原因と思われる「ヘルニア」を取り除く行為。
虫歯が悪化して治療のしようがないので抜歯するのと同じ。
どんな治療をしても効かないときの最終手段として考えるべきで、失ったものは二度と戻りません。

手術は身体に負担がかかるし、入院中ー退院後もしばらく仕事はできない。
手術しても痛みが治るとは限らないし、再発することもあるというリスクは知っておいたほうがいいです。

椎間板ヘルニアではなく筋肉が痛みの原因のこともある

ある調査で腰痛がない人の7割にヘルニアがあったそうです。
つまりヘルニアがあっても腰痛がない人がいるということ。
反対に、椎間板ヘルニアがなくても痛みや痺れがある人もいます。

痛みで病院に行って検査をしたら椎間板ヘルニアが見つかったという場合でも、痛みの原因が椎間板ヘルニアとは限りません。筋肉が硬くなって神経を締め付けて痛みがでている可能性があります。(筋筋膜性疼痛症候群・絞扼性神経障害性疼痛)
筋筋膜性疼痛症候群の絞扼性神経障害

椎間板ヘルニアの手術をしてもよくならなかったJFK

アメリカの故ケネディ大統領は腰痛で苦しんでいたそうです。
椎間板ヘルニアの手術や固定術を受けたが、腰痛はむしろ悪化。
(後年これらの手術は不必要だったと結論された)
後にDr.Travellのトリガーポイント注射の治療で楽になったという。
このような事例は、ケネディ大統領に限った話ではありません。

椎間板ヘルニア 膨隆型と脱出型

1)髄核(下図の黒い部分)が後縦靭帯を破らない膨隆型
2)髄核が後縦靭帯を破る脱出型

1)の膨隆型は痛みが強く、自然に治りにくい。
2)の脱出型は一見ひどそうだが、免疫細胞が働き自然に消えやすい。
とされています。
 

椎間板ヘルニア 神経根型と馬尾型

ヘルニアが圧迫する部位の違いで
1)神経根型:左右どちらかに痛みや痺れが出る。
2)馬尾型:重症度が高く、手術が検討される。
の2タイプがあり、双方ともヘルニアの神経を圧迫する強さで痛みや痺れの強さも変わる。

 
・馬尾型の判断基準
1)しびれはあるが痛みはない
2)痺れや痛みが脚の両側にある
3)両足の裏側に痺れがある
4)お尻の周りに痺れが出る
5)お尻の周りにほてりが出る
6)歩くと尿が出そうになる
2つ以上当てはまると馬尾症状の可能性があり、進行すると尿もれや頻尿歩行障害将来的に寝たきりになる危険があるので、早期に病院受診するのが望ましい。
(NHKきょうの健康を参考)

新宿から2駅 京王新線幡ヶ谷駅 徒歩5分 TEL 080-4425-3225 月木金11:00-19:00 土11:00-16:00 日祝11:00-14:00 [火水休]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: