鍼で体を整える鍼灸整体

坐骨神経痛

坐骨神経痛

検査をしても椎間板ヘルニアのような原因が見つからない坐骨神経痛は、深層筋(大腰筋や梨状筋)が関係している。
腰椎椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアのページをご覧ください。

坐骨神経と坐骨神経痛

坐骨神経は[ 腰椎下部→お尻→腿の裏→膝→足先 ]まで指令を伝える主要な神経で、この坐骨神経に沿って痛みが出るのが坐骨神経痛。
腰やお尻の筋肉が硬くなって、坐骨神経を圧迫する。
坐骨神経を圧迫しただけでは痛みは出ないが、坐骨神経に炎症がおこると痛みが生じる。
坐骨神経痛と大腰筋と梨状筋のトリガーポイント
 
トリガーポイントは腰椎4番目と5番目の大腰筋と臀部の梨状筋。
私の経験では、大腰筋の治療だけで効果があることが多いです。

坐骨神経痛の原因1 大腰筋

大腰筋は腰(腰椎)から脚(大腿骨)に付いている深層部の大きな筋肉。
大腰筋は坐骨神経に近い深層筋なので、大腰筋が硬くなると坐骨神経に影響する。
腰を後ろに反らすと痛みが増すときは、大腰筋を疑う。
大腰筋が原因の坐骨神経痛
大腰筋は皮下約7cmの深層にあり、通常の施術では刺激できないので、大腰筋が原因の坐骨神経痛は治りにくいです。
 

坐骨神経痛の原因2 梨状筋(症候群)

梨状筋はお尻にある筋肉の一つで、坐骨神経と位置がカブっているので、梨状筋が硬くなると坐骨神経痛の原因になる。
梨状筋が原因の坐骨神経痛
 
梨状筋以外に、中殿筋などお尻の筋肉が硬くなるのが原因で坐骨神経痛が生じることもありますが、大元の原因は腰(大腰筋)のことが多いです。

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛のトリガーポイントは、主に大腰筋。
大腰筋以外に腰方形筋や脊柱起立筋なども治療します。
それでも効果が足りない場合は、梨状筋やお尻の治療もします。
こいち治療院の大腰筋や梨状筋が原因の坐骨神経痛の鍼治療
当院の特徴は、長い鍼でダイレクトに腰やお尻のトリガーポイントを刺激すること。
坐骨神経を圧迫している大腰筋や梨状筋を緩めれば、坐骨神経の炎症が治まり坐骨神経痛は改善します。
とくに大腰筋は重要なトリガーポイントで、他の施術で良くならなかった坐骨神経痛でも良くなる可能性があります。
 
坐骨神経の炎症がひどくなければ3回くらい治療すると坐骨神経痛が楽になります。
まずは3回治療を試して経過をみてください。
3回治療して坐骨神経痛が軽減すれば、その後治療を継続して、ほとんどの人が改善しています。
 

坐骨神経痛にストレッチは有効か?

坐骨神経痛では、ストレッチが推奨されることがある。
ストレッチをして坐骨神経痛が楽になるなら問題ない。
筋肉のコリが比較的軽度なら効果があります。
しかし、ストレッチして坐骨神経痛が増すようなら逆効果。
一見身体に良さげなストレッチも、状態によっては毒にもなる。
 

大腰筋のストレッチ

大腰筋は股関節を曲げる筋肉なので、腰を反らせたり、股関節を伸ばせば大腰筋のストレッチになる。

梨状筋のストレッチ

梨状筋は股関節を外旋する筋肉なので、股関節を軸に大腿を内側に捻ればストレッチになる。
 
大腰筋や梨状筋をストレッチしたとき、痛みが増すかどうか。
テニスボールをお尻に当ててグリグリするのも、逆効果になることがあるので要注意。
 

当院の鍼治療で坐骨神経痛が改善した例

60代女性
右側のお尻~スネ~足の甲に痛み。
鍼灸治療やトリガーポイント注射を試し少し改善。
初回の治療でお尻の痛みが楽になる。
5回目までは良くなったり悪くなったりと効果が安定しない。
10回の治療で足の甲に若干痺れは残るが、生活に支障がなくなる程度に回復。

40代女性
右側のお尻~腿裏~ふくらはぎに痛み。
整体やマッサージに通ったが効果なし。
5回の治療で痛みが10→1か2になる。

50代男性
左側のお尻~スネに痛み。
トリガーポイント療法に通っていた。
初回の治療で痛みに効果が感じられたが、その後は効果があるときと無いときがある。
5回治療時点でお尻の痛みは半分以下になったが、スネの痛みが気になる。
8回の治療でスネの痛みがゼロではないが気にならない程度になる。

30代男性
右側のお尻~太腿に痛み。
ぎっくり腰になり痺れが出た。
病院ではとくに異常はないといわれる。
初回の治療で痛みが半分くらいになり、3回で痛みが気にならなくなった。

新宿から2駅 京王新線幡ヶ谷駅 徒歩5分 TEL 080-4425-3225 月/木/金11~19 土11~16 日祝11~14

PAGETOP
Copyright © こいち治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.