幡ヶ谷の鍼灸治療院 新宿から2駅 笹塚・代々木上原至近

鍼灸治療について

  • HOME »
  • 鍼灸治療について

インナーマッスルトリガーポイント鍼灸治療

トリガーポイントとは、簡単に言えば「痛みの引き金(トリガー)となっている部位(ポイント)」のこと。
トリガーポイントは表層にあるとは限らず、むしろ深層筋(インナーマッスル)にあることが多い。
当院の鍼灸治療は、長い鍼を使ってインナーマッスルに刺鍼して血流を改善し、自然治癒力を高めて硬くなったインナーマッスルをリカバリーさせます。

東京鍼怙灸の深層筋トリガーポイント鍼と整体の違い
インナーマッスルまで刺す鍼・浅く刺す鍼・マッサージの違い。

従来の施術の限界 インナーマッスル

筋肉が比較的表層の場合は、体表から触って刺激を与えることができます。
深層部の筋肉(インナーマッスル)になると、体表から触れないので刺激も与えにくくなるので、インナーマッスルのコリを解消するのは難しい。

運動鍼筋膜リリース

筋膜はそれぞれの筋肉を包んでいる膜で、筋肉同士が擦れて生じる摩擦から守っています。
デスクワークなどで長時間動かないでいると、筋膜が癒着して筋肉の動きが悪くなります。
筋膜リリースは、癒着した筋膜をはがして動きを滑らかにします。

東京鍼怙灸では、運動鍼という筋肉に鍼をした状態でストレッチする方法で、硬く縮んだ筋肉や筋膜の癒着をはがして動きを滑らかにします。
運動鍼は刺激が強いですが、手(手技)でやられるよりは痛くないという方が多いです。

筋肉を内部から刺激する筋肉内刺激鍼灸治療

筋肉のコリが酷くなると、干し肉のような状態になり、温めたりマッサージした程度では良くなりません。

コリの酷い筋肉には、筋肉内に鍼を刺して直接刺激する方法が有効です。
筋肉内に鍼が入った刺激で血流が増えて、筋肉に栄養が行き渡り柔らかくなってきます。

従来の施術の限界 ひどいコリ

コリ(筋硬結)がそれほど酷くない場合は、しっかりもみほぐせばコリが取れます。
コリが酷くなると、いくらマッサージしても、器具を使ってもなかなかほぐれません。
肩こりの酷い人は、しっかりマッサージしてもらったのにコリが取れないという経験があるのではないでしょうか。

例えるならギュッと強く結んだこぶ結びと緩く結んだこぶ結びのような違い。
緩いこぶ結びなら手で解けますが、きつく結んだこぶ結びは手だけで解くのは難しい。
のをイメージしてもらえば分かりやすいでしょうか。

鍼のひびき

コリ固まった筋肉に鍼をすると「ズ~ンとした刺激=ひびき」が生じます。
ひびきはコリを強く押したときに感じる刺激に似ていて「気持ちいい」という人もいれば、「苦手」という人もいます。

鍼怙灸の鍼治療は基本ひびきが強いですが、刺激の弱い人に無理に強いひびきを与えると、迷走神経反射をおこして気持ちが悪くなったりするので、刺激量は様子を見ながら調整します。

刺激は強いが身体への負担は少ない

骨や筋肉が弱っている人に、マッサージなどで強い刺激を与えると、骨折や筋肉を損傷するリスクがあります。
豆腐のような弱い筋肉でも鍼はやさしい
豆腐に鍼を刺しても潰れないが、豆腐を指で押せば崩れてしまいます。
鍼は体内に入るため刺激を強く感じますが、骨折や筋肉を損傷するリスクは少ないです。

低周波鍼通電療法

トリガーポイントに鍼をした後、鍼に電極を付けて低周波をかけて筋肉をポンプのように動かします。
一定時間同じ刺激を安定して与えることが出来るので、血液循環が良くなり硬かった筋肉が緩みます。
皮膚に電極を貼る電気治療と似ていますが、筋肉に直接電気刺激が伝わるので目的の筋肉を効率よくほぐせます。

腰(大腰筋)の鍼通電


腰(大腰筋)に鍼通電していますが、お尻や腿が動きます。
基本痛みはなく、マッサージされているような心地よい刺激です。

肩(肩甲挙筋)の鍼通電


肩(肩甲挙筋)に鍼通電して、肩甲骨が動きます。
首肩肩甲骨周りが緩みます。

鍼灸やマッサージ・整体などの原理

鍼灸治療の原理は、血流を良くすること。
これはマッサージや整体も同じで、押したり揉んだり、骨格を整えることで血流が良くなるから楽になるのです。

血液は「栄養・治癒・免疫」の元。
慢性痛の多くは長期に渡り血流が悪い状態が続き、十分な栄養を受けられないことが原因です。

血流が増えて、患部に十分な栄養が行き渡ると、免疫力や自然治癒力が働くようになります。
東京鍼怙灸は血流を良くし自然治癒力を活性

TEL 080-4425-3225 月・金13:00-18:00 土日11:00-15:00

PAGETOP
Copyright © 東京鍼怙灸 鍼灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!