鍼で体を整える鍼灸整体


・こんなに直接痛みを取ってもらった事は無かった。【首の痛みと手の痺れ】
・2回の治療で走れるようになりました。【シンスプリント】
・手術をしないで済みました。【ヘルニア】
・あきらめかけていた苦痛からこれで解放される。【腰痛と股関節痛】
・ここに来れば治るという安心感がもてた。【腰痛】
・短い施術回数で治ることが出来て感謝しています。(手首の痛み)
・こんなに早く治るとはおどろきです。【足首の捻挫】 
・痛みがなくなり歩くのが楽になりました。(股関節の痛み)
・何年も苦しんでいたのがうその様。【肩の痛み】
・治療後は動かしても痛みが無くなりました。【ぎっくり腰】
(施術の感想より抜粋)

☑いろいろな治療を試しても効果がなく諦めている。
☑痛みの原因が分からず困っている。
☑トリガーポイント注射やブロック注射が効かなかった。
☑手術をしないで椎間板ヘルニアの辛い痛みを改善したい。
このような方がお見えになっています。
痛みや痺れが辛ければ辛いほど、他の施術と当院の鍼との違いを分かってもらえると思います。

鍼治療をする理由

辛い症状で苦しんでいる人にとって、本当に効く治療に出会うのは宝くじに当たるくらい貴重かもしれません。
私(院長)自身が、重度の腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、首コリ、慢性頭痛、偏頭痛、良性発作性頭位めまい症を患い、整体やカイロプラクティク、鍼灸などいろいろな施術を受けました。
できれば整体(手技療法)で改善したいのですが、それは叶わず。
圧倒的に効果があったのが深層筋に鍼をする治療でした。
私が整体でなく鍼治療を選んだ理由

鍼のひびき

当院の鍼は一般的な鍼とは異なります。
コリ固まった筋肉や深層筋に鍼をすると「ズ~ンとした刺激=ひびき」が生じます。
鍼はひびきがあるほうが効果があり、トリガーポイントに当たった目安にもなります。
(刺激に弱い方には刺激量を調整します)
ブロック注射やトリガーポイント注射を受けたことがあるなら、当院の鍼も大丈夫だと思います。

痛みの原因 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)

肩コリや腰痛、緊張性頭痛など慢性的な痛みで、病院にいっても異常が見つからない原因不明の不調は、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)かもしれません。
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)とは、筋肉の異常な緊張が原因で生じる疾患のことです。

歪みは痛みの原因ではない

痛みの原因は「身体の歪み」「骨盤の歪み」といわれますが、実は歪みは筋肉のバランスが崩れて生じているのです。
身体(骨盤)の歪みは原因というよりも、筋肉の異常緊張によってバランスが崩れた結果といえるでしょう。
歪みは原因ではなく結果

こいち治療院で多い症例

椎間板ヘルニア
坐骨神経痛
脊柱管狭窄症
フォーカル・ジストニア
ぎっくり腰
首コリ、肩コリ、寝違え、腰痛、股関節の痛み、膝の痛み、四十肩(五十肩)、緊張性頭痛、偏頭痛、めまい、耳鳴り、難聴、メニエール病
スポーツ障害:テニス肘、野球肘、腸脛靭帯炎、アキレス腱炎、オスグッド・シュラッター病、シンスプリント

PAGETOP
Copyright © こいち治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.