深層筋トリガーポイント

腰痛

腰痛の原因

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、腰椎すべり症、腰椎分離症など、病院で検査をすると異常がみつかる腰痛(特異的腰痛)は2割。
残り8割の腰痛は、病院で検査してもはっきりした原因が分からない非特異的腰痛といわれます。
私も腰痛(ぎっくり腰)で病院に行き、検査(レントゲンやMRI)をしてもらったがとくに異常は見当たらないといわれ、「こんなに腰が痛いのに原因がない?この腰の痛みは何なんだ?」と不安になった経験があります。

私見ですが大半の腰痛は、腰方形筋や腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)、多裂筋など腰周辺の筋肉に原因がある筋筋膜性疼痛症候群(MPS)と考えます。
腰方形筋や脊柱起立筋が硬くなっていて、指で押せば圧痛があります。
とくに腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)が硬くなると、お尻や脚に痛みがでる原因(神経障害性疼痛)になります。

椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎すべり症・腰椎分離症

椎間板ヘルニアも脊柱菅狭窄症は、痛みを感じるのは腰よりもお尻や脚です。
その痛みには筋肉が原因の痛みが混じっています。
腰の治療をすると筋肉が原因の痛みが軽減するので、腰椎が原因の痛みも軽減します。
椎間板ヘルニアの多くは自然治癒しますが、脊柱菅狭窄症・腰椎すべり症・腰椎分離症は自然治癒しません。

心因性の腰痛

最近は腰痛の原因として「心因性」があげられることがあります。
腰(の筋肉)の治療をしているのに一向に良くならないので、原因は腰(の筋肉)ではなく別のところ(脳・こころ)にあるのでは?と。
心因性の腰痛は、認知行動療法などで良くなっている人もいるので否定はしませんが、心因性の腰痛と診断され心療内科に回されて「心の治療」をしたが腰痛がまったく良くならない。という人を何人も見ていると懐疑的になります。

腫瘍や内蔵器系の原因

脊髄腫瘍など腫瘍が原因の腰痛や尿路結石、腎盂炎、婦人科系疾患など内蔵器系が原因の腰痛もあります。
筋肉や椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症が原因の腰痛なら生死にかかわることはありませんが、腫瘍や内蔵器系は生死にかかわリます。
腰痛にしては様子がおかしいと思い、病院受診を勧めたところ腎盂腎炎だった ということが何回かあります。
筋肉や背骨が原因の腰痛なら「横になって身体を丸めていると楽」など痛みが軽減する姿勢があるのですが、内蔵や腫瘍が原因の場合、どんな姿勢でも痛みは変わらず楽な姿勢がなくて、熱がでることがあります。
信頼できる病院で診てもらうのが安心です。

腰の痛み方

☑朝起きるとき腰が痛い。
☑立ち上がるとき腰が痛い。
☑ずっと立っていると腰が痛い。
☑腰を反らすと痛い。
☑前かがみでいると腰が痛い。
☑歩いていると腰が痛くなる。

同じ姿勢でいた状態から動き出すときに腰に痛みが出るという人と、台所で料理をしたり洗い物をするような中腰や前かがみの姿勢で腰が痛くなる人が多いです。
椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症は、腰の痛みよりもお尻や脚の痛みを訴えます。

前屈で痛むのか後屈で痛むのか

大まかに分けると「前屈すると痛む腰痛」と「後屈すると痛む腰痛」の2種類があります。

私の腰痛

前屈しても痛みはなく指が床に着きますが、後屈すると痛みがあります。
前屈できますが、中腰や前かがみの姿勢でいると腰が痛くなります。
後屈すると痛みがある人の特徴は猫背で、椅子に座っているとお尻が前方にずれてきます。
長年の猫背姿勢で本来前湾している腰椎が後弯していて、大腰筋が硬い。
このようなタイプの腰痛は私だけでなく、よく見かけます。

腰痛の治療

脊柱起立筋や腰方形筋、大腰筋のトリガーポイントを中心に鍼をします。
ときに脚にまでひびきを感じることがありますが、効いている証拠です。


長い鍼を使って深層筋(大腰筋)を刺激しますが、本数は出来る限り少なくしています。
大腰筋の鍼が痛い場合は、言ってもらえれば無理には行いません。

腰痛は背筋や腹筋が弱いせい?

よく「腹筋や背筋が弱いから腰痛になる」といわれます。
体幹を鍛えれば腰痛は治る。
果たしてそうでしょうか?
軽度の腰痛なら、腹筋や背筋の体幹トレーニングは有効です。
しかし腰痛が重度になるほど、トレーニングが仇となる可能性があります。

古い輪ゴムのように劣化した筋肉をトレーニングしたらどうなるか?
良くなるどころか悪くなるのは明らかです。
治療である程度筋肉が回復してからトレーニング行うと有効です。

腰痛にストレッチは有効か?

古い劣化した輪ゴムを引っ張るとどうなるか?
ストレッチする際は、いきなり強く伸ばさないよう注意して行ってください。
「痛い3:7気持ちいい」くらいの強度で行うといいです。
ストレッチはつい強く伸ばしたくなりますが、グッと堪えましょう。

TEL 080-4425-3225 月.木.金13:00-19:00 土日祝11:00-15:00

PAGETOP
Copyright © 鍼灸整体 東京鍼怙灸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!