深層筋トリガーポイント

フォーカル・ジストニア

フォーカル・ジストニアとは

フォーカル・ジストニアは、主に手指など局所に生じるので局所性ジストニアとか、音楽家や手指を酷使する人に多い疾患なので、職業性ジストニアともいわれます。

東京鍼怙灸では、プロ・セミプロ、プロを目指している音楽家を対象にフォーカル・ジストニアの治療をしています。
楽器の種類は、鍵盤とギターが多いです。

以前はできていた演奏が、だんだん手指が思い通りに動かなくなり(※ある日突然手指が動かなくなるわけではない)、練習でも本番でも演奏できなくなる。
演奏やキーボード・マウス、書字など手指を使う作業で、不必要に力が入ったり、指が伸びたり曲がったりで思い通り動かないことがあるが、日常生活では病的な症状はでない。

フォーカル・ジストニアの特徴の一例

・痛みや痺れはない(腱鞘炎やギヨン管症候群を併発していることもある)。
・徐々に症状が悪化(ある日突然ではない)。
・演奏時に手指が曲がったり、伸びたり、重なったり、固まったり、思い通りに動かない。
・練習でも本番でも弾きにくい(精神的要因がない)。
・箸やペンを持つと手指が巻き込んで動かしにくいことがある。
・日常生活では大きな支障はない。

フォーカル・ジストニアは脳や神経に原因があるのか?

手指が勝手に巻き込んだり、伸びたりして思い通りに動かない。
そのため、フォーカル・ジストニアは脳や神経に異常があるという前提で研究・治療が行われている。
確かに脳疾患や神経麻痺に症状が似ているところはあるが、異なる部分もある。
脳梗塞やパーキンソン病、ジストニア、神経麻など脳や神経が原因の病気は、演奏どころか日常生活で明らかに病的な症状が見られ、生活にも大きな支障がでる。
フォーカル・ジストニアの症状は神経の支配領域と一致しないことが多く、演奏に支障はあっても日常生活に大きな支障がでることは少ない。

フォーカル・ジストニアの原因として考えられること

私が考えるフォーカル・ジストニアの原因として、
1)練習による使い過ぎで筋肉が萎縮する(筋肉が痩せる)。
2)血流(エネルギー)障害による手指の低栄養状態。

楽器の演奏はレベルが高くなるほど、手指に過酷な動きが要求される。
演奏者当人は子供の頃から慣れ親しんで、徐々にレベルアップしているため、手指が激しい動きをしているという感覚に乏しい。
スポーツと違い全身性の疲労を感じないので、手指に大きな負担が掛かっている実感がない。

筋肉が痩せて縮む

毎日何時間も酷使された手指は、だんだん壊れてくる。
虫様筋が壊れMP関節の動きが悪くなる。
MP関節の動きが悪いので、代わりに浅指屈筋や深指屈筋を使いPIP関節やDIP関節を動かすようになる。
浅指屈筋や深指屈筋が硬くなる。
骨間筋が硬くなり指が広がらなくなる。
母指球の筋肉が硬くなり親指が広がらなくなる。
筋肉と腱が縮んだ結果、脳の命令通りに手指が動かなくなる。

代償行動

脳の命令通りに手指が動かなくなると、脳は代わりの動き(代償行動)を無意識に行わせる。

フォーカルジストニアの人の演奏で特徴的なのが、MP関節の動きが悪く、PIP関節が過度に動くというもの。
MP関節の動きが悪いために、 PIP関節が代わりに働いている。
このようなフォーカル・ジストニアの状態で練習をすればするほど、脳が代償行動を学習してしまう。

血流障害

同じように練習してもフォーカル・ジストニアにならない人もいる。
それは末端の指先までしっかり血液(エネルギー)を供給できる人とできない人との差になる。
10のエネルギーが必要な動作に対して、10以上のエネルギー(血液)を供給できれば問題ない。
10のエネルギーが必要な動作に対して、9以下のエネルギー(血液)しか供給できないと体は壊れてくる。
人手不足で残業続きの仕事と同じになる。

フォーカル・ジストニアの治療

数回程度の治療ではフォーカル・ジストニアは治らないので、プロ・セミプロ・プロを目指している人で、治療を継続できる方が対象です。

患者自身が行うこと

・身体の構造を知り、なぜフォーカル・ジストニアになったのか理解する。
・自分でできるリハビリを覚える。

当院で行う治療

・萎縮した(痩せた)筋肉を回復させる。
・血流障害の原因になっている場所を治療。
となります。

⇒フォーカル・ジストニアの施術料

ジストニアとイップス

1)ジストニア

代表的なものが痙性斜頸(首がねじれる)、他には腕や脚がよじれる、舌が出る等。
ジストニアは日常生活で明らかに病的な症状が現れる。
大脳基底核に異常があると考えられているが、原因ははっきりしていない。

2)イップス

練習(リラックスした状態)では上手くできるが、本番(緊張状態)になるとできなくなる。
誰もいなければ字が書けるが、人が見ていると手が震えて字が書けないなど、精神的な要因が考えられる。

手の解剖学とフォーカル・ジストニア


演奏では本来「MP関節=虫様筋」が中心となって動く。
フォーカル・ジストニアの場合は、使いすぎで虫様筋が硬くなって、MP関節の動きが悪くなる。
MP関節の動きが悪いのだけど、痛みなど自覚症状がないので気が付かない。
MP関節の動きが悪いので、代償行動として無意識に浅指屈筋や深指屈筋を使って、PIP関節やDIP関節を動かして演奏するようになる。
この状態に気付かないまま練習を続けて、脳が代償行動を記憶し本来の動きが封印されてしまう。

フォーカル・ジストニアの症状の一例


・指が勝手に巻き込む
・指が勝手に伸びる
・手(指)が開かない
などがフォーカル・ジストニアで多くみられる症状。

健側と患側で手(指)を握る開くという動作を繰り返すと、患側の動作が遅れる。
患側でも巻き込みの生じている指は、とくに動きについてこれなくなる。

この症状は、使い過ぎ(過度の練習)が原因で指の腱や筋肉が縮んでしまったために生じる。

フォーカル・ジストニアは演奏から離れたほうがよい?

治療経験からいうと、演奏から離れたほうが経過が良好で、演奏を続けているとなかなか回復しません。
フォーカル・ジストニアの状態で演奏すれば、どうしても代償行動に頼るしかないので、フォーカル・ジストニアは治りません。
演奏をしなければ、代償行動を脳に上書きすることは防げるし、筋肉が過度に緊張することもなくなります。
(※演奏は本人が思っているより遥かに過酷な動き)
思い切って半年~1年くらい演奏から離れてみるのが、回復への近道です。
休養期間中に適切なリハビリを行うと、硬く縮んだ筋肉や腱が回復して、再び演奏出来るようになります。

フォーカル・ジストニアの判定基準

フォーカル・ジストニアの判定基準としてTubiana Scale(チュビアナ スケール)があります。
 
Grade0
演奏できない。
 
Grade1
いくつかの音符は演奏できるが器用さの不足または
欠如のために中断する。
 
Grade2
短いシークエンスを速くなく不安定な指使いで演奏する。
 
Grade3
やさしい小曲を限定的に演奏する。速いシークエンスは
動きの混乱を生じる。
 
Grade4
ほぼ正常に演奏するが、技術的に難しいパッセージは
運動障害の不安のために避ける。
 
Grade5
正常に演奏でき、舞台での演奏に復帰する。

フォーカル・ジストニアのいろいろな治療法

・定位脳手術
 パーキンソン病で用いることがある手術をFDにも応用。
 
・tDCS(経頭蓋電気刺激)
 頭皮から脳への電気刺激を与える治療。
 
・ボツリヌス療法
 ボツリヌス菌を注射して筋肉の緊張を緩める。
 
・薬物療法
 パーキンソン病の薬やてんかんの薬を使う。

TEL 080-4425-3225 月.木.金13:00-19:00 土日祝11:00-15:00

PAGETOP
Copyright © 鍼灸整体 東京鍼怙灸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!