深層筋トリガーポイント鍼灸 筋膜リリース

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

当院では、脊柱管狭窄症による痛みや痺れ、間欠性跛行、脊柱管狭窄症手術後の痛みの治療を行っています。
 

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は、脊柱管という神経が通っている部分が狭くなり(狭窄)、神経を圧迫するのが原因とされます。
脊柱管狭窄症は手術をしないで治る こいち治療院

若い人で40代後半 50〜60代での発症が多い。
当院では70歳代の方が多いです。

腰部脊柱管狭窄症(神経根型)

1)ふとももからふくらはぎやすねにかけて痛みがある
2)腰を反らすと痛く、前かがみは楽
3)少し歩くと痛みが強くなり、前かがみで休むと楽になる(間欠性跛行)
4)しばらく立っているだけで痛くなる
5)片側の脚の痛みでズキンズキン刺すような痛み
6)歩くより自転車が楽(前かがみだから)

神経根型の脊柱管狭窄症は手術しなくても楽になる可能性があります。

馬尾型の腰部脊柱管狭窄症

1)痺れや痛みが脚の両側にある
2)両足の裏側に痺れがある
3)お尻の周りに痺れやほてりが出る
4)少し歩くと尿が出そうになる

上記のような症状が当てはまると馬尾型の可能性が高い。
馬尾型のしびれは砂の上を歩く感じとか足の裏に海苔が貼った感じとか、ジンジン、ビリビリという表現が多い。
馬尾型は数ヶ月しても症状がよくならなければ手術を考える。
馬尾神経の圧迫が長期間続くと、排尿障害の後遺症や寝たきりになるおそれがあり、手術を検討する。

脊柱管狭窄症が痛みの原因とは限らない?

神経根型の脊柱管狭窄症の場合、手術をしなくても寛解する可能性があります。
実際に、下のMRI画像のように腰の骨が大きく変形し重度の狭窄をしている方でも、当院の治療で痛みゼロとはいかないまでも、手術をせずに過ごせています。
脊柱管狭窄症MRI画像
 
私の父親も脊柱管狭窄症で、庭を少し歩いた程度で間欠性跛行がでていましたが、手術は嫌がったので私が治療をしました。
しばらくの間は鍼治療をすると、痛みや痺れはあるものの調子が良いようで、外を1万歩くらい歩いていました。
しかし馬尾型のため、両足に痛みが出だして、尿意を頻繁に感じるようになり最終的には手術しました。

その痛みは大腰筋かも?

大腰筋は太ももを持ち上げる筋肉で、下図のように付いています。

大腰筋が弱ると脚が上がらなくなり、階段を昇るのがきつくなります。
大腰筋が硬くなると腰が前かがみになり、腰を反らすと大腰筋が引きつって痛みが出ます。
立っている・歩いているときは大腰筋が伸びているので、大腰筋が血管を圧迫して脚に血が行かなくなり、前かがみになると大腰筋が緩むので楽になります。
脊柱管狭窄症でも大腰筋を治療すると楽になるのです。

当院の脊柱管狭窄症の治療

馬尾型や日常生活動作もままならないような重症度の高い場合は難しいですが、自分のことは自分で出来て、多少の距離を歩けるのであれば、当院の治療を試す価値はあると思います。
狭窄している脊柱管付近の深層筋(大腰筋)を鍼で緩めて、脊柱の圧迫を軽減し神経の炎症を抑える治療をします。
5回前後治療して楽になった人は、定期的に治療を継続することで手術を回避できています。

脊柱管狭窄症の手術について

脊柱管狭窄症を治す最終手段として、手術を否定はしませんが、手術をすれば良くなると安易に考えるのは問題です。
私の父も最終的には手術をして、痛みは軽減したものの、ゼロではありません。
以前のように外を1万歩歩くことは出来ませんが、普通に生活する程度には動けています。
 
手術は不可逆的(元に戻すことができない)で、年齢の高い方には負担が大きく、手術をしても痛みや痺れが残る可能性など、リスクをよく考えて検討してください。
脊柱管狭窄症の手術後の経過へのリンク

新宿から2駅 京王新線幡ヶ谷駅 徒歩5分 TEL 080-4425-3225 月木金11:00-19:00 土11:00-16:00 日祝11:00-14:00 [火水休]

PAGETOP
Copyright © こいち治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: