深層筋トリガーポイント鍼灸 筋膜リリース

フォーカル・ジストニア

フォーカル・ジストニア(Focal Dystonia 限局性筋失調症)

  
☑脳の病気にしては何か変だ
☑治療法を模索している
という演奏家の方へ。
当院では、プロの演奏家(とくに鍵盤楽器やギター)の方を対象にしています。
イップス(精神的な原因)の治療はしていません。

フォーカル・ジストニアのいろいろな治療法

・定位脳手術
 パーキンソン病で用いることがある手術をFDにも応用。
 
・tDCS(経頭蓋電気刺激)
 頭皮から脳への電気刺激を与える治療。
 
・ボツリヌス療法
 ボツリヌス菌を注射して筋肉の緊張を緩める。
 
・薬物療法
 パーキンソン病の薬やてんかんの薬を使う。

フォーカル・ジストニアについて

フォーカル・ジストニアは演奏家にみられる疾患ですが、PC(キーボードやマウス)を使う人など手を酷使する人なら誰にでも起こり得る疾患です。
フォーカル・ジストニアは、演奏時に指が勝手に曲がる、指が重なるなど不随意な動きが生じる。
簡単なフレーズは弾けるが難易度の高いフレーズは弾けないという人や、簡単なフレーズも弾けない人もいる。
箸やペンを持つと指や手首が巻き込むような症状が出る人もいるが、日常生活動作には影響がない。

フォーカル・ジストニアと脳の関係

フォーカル・ジストニアは脳や神経に異常があるとされ、脳に異常があるのが前提で治療が行われている。
しかし脳に異常があるのではなく、脳の出した命令通りに手指が動かなくなっているせいだとしたらどうでしょうか。
脳の命令通りに手指が動かないので、脳は代わりの動作(代償行動)を無意識に行わせる。
練習をすればするほど、代償行動(間違った動き)を脳が学習する。
という悪循環に陥ります。

フォーカル・ジストニアは、使い過ぎによる筋肉の過緊張(短縮)と血流障害が原因ではないかと考えています。
筋肉が動くにはエネルギー(酸素)が必要で、酸素は血液で運ばれてくる。
運動量に見合った酸素が供給されなければ、筋肉は動かなくなる。
硬くなった筋肉は血管を圧迫するので、血流障害になる。
という悪循環に陥ります。

フォーカル・ジストニアの典型的な特徴の一例


左側:正常な人の手。
右側:フォーカル・ジストニアの人の手。
脱力してテーブルの上に手を置いたとき、正常な手は軽く屈曲した形になるが、フォーカル・ジストニアの手は屈曲が強い。
これは、指を曲げる屈筋の緊張が強いから。
もう一つ。
指を握って開くを繰り返すと、フォーカル・ジストニアの側の指が開きにくくなり、動きが遅くなります。
指を曲げる屈筋の緊張が強いせいで、指を伸ばす伸筋も必要以上に働かなければならないので、屈筋と伸筋の両方が疲労するからです。
演奏時にも同様のことがおこります。
フォーカル・ジストニアの方なら、左右の手を比べてみれば違いが分かるはず。

フォーカル・ジストニアは演奏から離れれば治るか?

演奏から離れることで、代償行動を学習することは防げるでしょう。
しかし一度硬く縮んだ筋肉は、放っておいても柔らかくなりません。
正しいフォームで簡単な曲をゆっくり短時間練習するのは、いいと思います。
高度な曲は、どうしても代償行動に頼ってしまうのでお勧めできません。

フォーカル・ジストニアのリハビリ

フォーカル・ジストニアには、どのようなリハビリがよいでしょうか。
指を曲げる屈筋群、指を伸ばす伸筋群をストレッチして、短縮した筋肉や腱を柔らかくする。
首から指先まで血流障害をおこしている部位を治療する。
筋肉を緩めるのと血流改善はセットで行います。

ただし指を握る開くを何度か繰り返した後、フォーカル・ジストニアの側だけ指が強く屈曲してしまうようなら、演奏していても指が巻き込んでしまうでしょう。
上記のように脱力して手を置いたとき、左右ともに指が軽度に屈曲した状態になれば、回復の目安となります。

フォーカル・ジストニアの判定基準

フォーカル・ジストニアの判定基準としてTubiana Scale(チュビアナ スケール)があります。
 
Grade0
演奏できない。
 
Grade1
いくつかの音符は演奏できるが器用さの不足または
欠如のために中断する。
 
Grade2
短いシークエンスを速くなく不安定な指使いで演奏する。
 
Grade3
やさしい小曲を限定的に演奏する。速いシークエンスは
動きの混乱を生じる。
 
Grade4
ほぼ正常に演奏するが、技術的に難しいパッセージは
運動障害の不安のために避ける。
 
Grade5
正常に演奏でき、舞台での演奏に復帰する。

新宿から2駅 京王新線幡ヶ谷駅 徒歩5分 TEL 080-4425-3225 月/木/金11~19 土11~16 日祝11~14

PAGETOP
Copyright © こいち治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: